転職をする際にはサポートが充実している求人を|安定した役割と地位

税理士の年収

税理士へ転職しようと考えた時、多くの人が気になる点としては税理士の収入面があります。
現在の仕事から転職を考えている人にとっても、転職後の収入に関してはとても気になるものだと言えます。
実際に税理士への転職が実現したとしても、転職前の仕事よりも年収が低くなってしまっていては、転職した事を少し後悔してしまうといった事もあり得ます。
税理士としての仕事にやりがいを感じている人に取っては、収入などあまり関係の無い人は多いですが、現実的に考えた時はどうしても考えてしまうと言えるでしょう。
税理士と簡単にいっても、その収入は経験や立場、所属する勤務場所によっても大きく変わってきます。
税理士には、会計事務所に勤めながら収入を得ている人や、独立開業して自ら事務所を経営し収入を得ている人など様々な人がいます。その稼ぎは、人によってバラバラなのです。
単純に、税理士となれば、素晴らしい高収入を得ることができると思っている人は多いと言えます。しかし、税理士の資格を取得したからといえども、簡単には高額の収入を得られる訳ではないのです。
税理士の資格を取得してから、一般的な会計事務所で働いている税理士といったありふれたケースでは、その年収は平均でおよそ500万円程度となっています。
500万円の年収を高いと思うか、低いと思うかは人によって変わってきます。税理士としての資格取得の難易度から考えた時、その難易度から期待する収入としては500万円だと低いと言わざるを得ない額です。
しかし、考え方を変えれば、税理士の資格を取得さえすれば年収500万円は実現できるということが言えるのです。ある程度安定した年収を得ることができることは安心だと言えます。

税理士によっても、管理職の立場となるか、ある程度レベルの高い中堅以上の会計事務所や税理士法人に勤務するかで500万円以上の年収を実現する事ができると言えます。
従業員が数名か、数十名の一般的な会計事務所の場合だとしても、税理士としての資格を所有し、管理職としての立場になると500万円以上の年収となる可能性は高いです。
中堅以上の会計事務所などの場合になってくると、20代の税理士であっても資格を所有し、五年以上の実務経験があるのならば500万円以上の年収を得ている人も中にはいます。
大手の会計事務所では、20代の場合でも残業代を含め、700万円程度の年収を得ている人もいます。
それ以上の年収800万円以上を目指すとなれば、勤務税理士としての立場のままでは、少し難しくなってきます。
年収800万円以上になるためには、中堅以上の事務所の管理職となるか大手の事務所で何かしらの役職に就く必要が出てきます。
一般的な会計事務所で勤務している場合になると、よほど事務所の収益が良くない限りは、勤務税理士として800万円以上の年収を実現することは難しいと言えます。
思い切って別の事務所へ転職をしてみるのも一つの手段です。しかし、転職する際は、また1から新しい転職先で下積みをしていく必要もあるといえるので、転職をする際はよく考えましょう。